シンガポールのお土産におすすめ!カラフルで可愛いプラナカン雑貨のお店情報


シンガポールには文化の融合が生んだ伝統工芸品・プラナカン雑貨があります。プラナカン文化は、中国系の入植者が現地マレー系女性と結婚し、2つの異なる文化が融合することによって生み出された独自の文化です。
 
そのプラナカンの人々が1つ1つハンドメイドで仕上げているカラフルな陶器や刺繍の入った製品でシンガポールの宝物とも言われています。
 
今回はカトン地区にあるプラナカン雑貨のお店ごを紹介。お土産にもピッタリなので、お気に入りの1点を探してみてはいかがですか?
 

出典: http://www.huffingtonpost.jp

 

カトン地区

ルマー ビビ (Rumah Bebe)

出典: http://rumahbebe.com

カトン地区にある、プラナカンアイテムの有名店です。
1928年創業の老舗プラナカンショップで、ブルーの外観が可愛らしいショップハウスの内装&外観も必見です。
プラナカン女性で、プラナカン工芸家のビビ氏のお店で、店内にはビビ氏がデザインして手作りしたビーズサンダルや、カラフルな陶磁器、プラナカンの衣服・クバヤが並んでいます。
※店内は写真撮影禁止ですのでご注意ください。

出典: http://www.feecha.com

 

ルマー キム チュー (Rumah Kim Choo)

出典: http://foodwalkers.blogspot.jp

イースト・コースト・ロードのルマー ビビの隣にあるプラナカン雑貨のお店。
プラナカン菓子を販売しているキム・チュー・クエ・チャンの2階にあり、お店の左側にある階段を上がっていきます。
すれ違うのがやっとな階段を上がった店内には、手頃な価格のプラナカン雑貨が並んでいます。
お土産には手頃な食器類がおすすめです!店舗入り口が分かりにくいのでご注意ください。
 

出典: http://eastcoastlife.blogspot.jp

 

記事提供:Travel Book
https://www.travelbook.co.jp/

Pocket

関連記事