シンガポールのナイトサファリ徹底的な楽しみ方


マーライオンやマリーナベイサンズの高層プールなど、観光名所たっぷりのシンガポール。
そんな中でも、シンガポールの夜を楽しく過ごしたい方に大人気なのがナイトサファリ。
世界で初めて、夜行性動物の生き生きした姿を見られる動物園として開園し、今なお毎年多くの日本人観光客も訪れています。日本の動物園では決して見られないめずらしい動物たちがたくさん!
今回は、そんなナイトサファリについて見所からおすすめのお土産まで一挙ご紹介。

 

出典: http://dulichviet.com.vn

 

ナイトサファリとは?

出典: http://www.livelimitless.net

 
シンガポールにあるナイトサファリは、世界初の夜行性動物のための動物園として、1994年に設立されました。
園内には約130種類、1000頭を越える夜行性の動物たちがいて、昼間はなかなか見ることのできないような自然に近い姿を目の前で見ることができます。

 

絶滅の危機に瀕している珍しい動物たちにも会えるので、日本をはじめ海外からのお客さんにも大人気!
トラムに乗って間近で動物たちを観察したり、夜行性の動物のショーを見たり、楽しみ方はさまざま。
今回は、ナイトサファリについて余すところなくご紹介していきます。

 

 

ナイトサファリについたら・・・

出典: http://www.superwhite.cc

 
ナイトサファリについたらまずやらなければならないのが入場券の購入とトラムの予約です。

 

入場料は大人S$22、子供S$11で、トラムが大人S$10、子供S$5。
ちなみに、シンガポール動物園やバード・パークと組み合わせた割引券もあるので、他の動物園を訪れる予定のある方は、そちらのチケットを買った方がお得ですよ♪

 

チケットの購入後は、左側にあるレセプションで日本語トラムの予約をしましょう。
スタッフの解説を聞きながらトラムに乗り、園内を一周して夜行性動物たちの生態を見ることができます。
約45分の旅になりますが、ただ見るだけではなく、驚きや学びもあるのでとってもいい思い出になりますよ♪

 

ちなみにトラムには、英語トラムと日本語トラムがありますが、日本語の方がオススメ。
英語トラムは予約不要なのですぐ乗車できる点は便利ですが、当日予約制の日本語トラムであれば、乗車の際に列に並ばなくて済みますし、ストレスなく解説を理解できるので、特に初めてナイトサファリを訪れる方は日本語トラムの方がいいでしょう。

 

ナイトサファリ見所①ナイトショー

出典: http://www.camsdcute.com

 
トラムに乗る前にぜひご覧いただきたいのがナイトショーです。
 
ナイトショーは、メインゲートの右の方にある「アンフィ・シアター」で開催されます。
900人もの観客を収容できる大きな野外劇場ですが、かなり混み合うので開演時間の15分前には席を確保しておきましょう。
 
このショーには、カワウソやサーバル、オオカミ、アライグマ、ジャコウネコなど、たくさんの動物が出演します。
スタッフが軽快なトークを交えながら見せてくれるのは、驚くべき夜行性動物の習性や捕食能力。
ゴミの分別収集をするカワウソの賢さや、鋭い嗅覚で木の実を探すジャコウネコの能力など、普段は見られない動物たちの姿が見られて大感激!
長いニシキヘビを首に巻かせてくれるサービスもあるので、勇気のある方はぜひ挑戦してみてくださいね♪
 

出典: http://www.yoursingapore.com

 

ナイトサファリ見所②トラム・ライド

出典: http://www.weekendnotes.com

予約したトラムの出発時間の10分前になったらメインゲートの前にあるトラム・ステーションへ。
何台もの車体が連結された日本語トラムが待っているので、早速乗り込みましょう!
 
45分間のトラム・ライドの間には、夜行性動物たちの姿に、まさに驚きの連続。
アジアライオンやジャッカルが大声で吠えたり、巨大なインドサイが目の前をドスドス歩いたり、昼間とは違う大迫力を楽しむことができます。
特に、コースの中盤にある貯水池とジャングルの風景は、トラム・ライドの目玉のひとつ。
月明かりに照らされた池畔の草地で、キリンやシマウマが風に吹かれてたたずむ様子は何とも幻想的です。
 
日本では決して見られない動物たちの姿ばかりで、ついカメラに収めたくなりますが、園内ではフラッシュを使った撮影は禁止。
ナイトサファリでしか見られない光景として、思い出とともにしっかり目に焼き付けておいてくださいね♪
 

出典: http://www.globaltravelmate.com

 

ナイトサファリ見所③ウォーキング・トレイル

出典: https://nightnafarixx.wordpress.com

トラム・ライドが終わったら、徒歩のコースを歩いてみましょう。
園内の東側にはウォーキング・トレイルが全部で4つあり、全部で2.8キロメートルほどの距離です。
おすすめは、アフリカ赤道付近の動物とインドネシア・マレーシア地区の動物が見られる「イーストロッジ・トレイル」。
マレートラがいたり、ブチハイエナがものすごい勢いで走り回っていたりと、恐怖さえ感じるほど間近に動物たちを感じることができます。
トレイルと動物たちの間は水路や森林をうまく利用してゾーンが分けられているので、動物たちとばったり出くわす、なんてことはないので安心して夜のジャングルを楽しんでくださいね♪
 

シンガポール ナイトサファリでの夕食は?

出典: http://www.nightsafari.com.sg

ナイトサファリの営業時間はちょうど夕食の時間にかぶっているので、ぜひ園内で腹ごしらえをしましょう!
チケット売り場の隣のエントランス・プラザには、「ボンゴ・バーガー」と「ウルウル・サファリ・レストラン」の2つのレストランがあります。
ウルウルサファリレストランでは、18時~20時15分までは、巻き寿司などの日本食やアジア料理が食べられるアジアンブッフェ、20時45分~22時30分まではインディアンブッフェが開催されています。
こちらは事前の予約が必要なので、ブッフェを楽しみたい方は忘れずに連絡をしてくださいね。
ボンゴバーガーでは、アメリカンサイズのハンバーガーなどのファストフードが食べられます。
さくっと食べてナイトサファリを思い切り楽しみたい方には、こちらのお店がオススメです。

シンガポール ナイトサファリでのお土産

出典: http://www.wrs.com.sg

 

 

園内を堪能した後に忘れてはならないのがお土産。
エントランス・プラザにはギフトショップが入っていて、可愛いぬいぐるみやマスコット、動物柄のTシャツやトートバッグなど、あらゆるものを売っています。

 

せっかくナイトサファリに来たなら、動物と同じく夜行性のグッズはいかがでしょうか?
ブラックライトで演出された売り場がユニークな、グロウ・イン・ザ・ダークでは、暗闇で光るTシャツやマグカップなどを購入することができます。
いかがでしたでしょうか?
シンガポールで、ぜひ夜のジャングルを楽しんでみてくださいね♪

 

記事提供:Travel Book
https://www.travelbook.co.jp/

Pocket

関連記事