初めてマリーナベイサンズに泊まる人への損をしない楽しみ方


マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)ホテル

マーライオンからマリーナベイサンズホテルへとシンガポールの象徴が変わりつつあります。一度はマリーナベイサンズホテルに泊まってみたいという方が急増中ですが、海外ともなるとやはり不安や緊張があります。そこでマリーナベイサンズをよりよく楽しむ方法をいくつかご紹介。

チャンギ国際空港からマリーナベイサンズまでの行き方
ツアーを組むと現地までガイドさんと一緒に行く事ができますが、ツアーを組まないで自分のタイミングでマリーナベイサンズホテルへ行く方法として。

    • タクシー(ホテルまで30分)

 

    • 電車MRT(ホテルまで40分)

 

この2つが便利です。タクシーでは英語が必要となりますが下記のような言葉でも大丈夫でしょう。

    • Marina Bay Sands please.

 

  • I would like to go to Marina Bay Sands.

タクシースタンドは空港の1階にあり、週末はS$5のチャージ、平日はS$3のチャージがあります。タクシー乗り場で並ぶと空港スタッフが誘導してくれます。マリーナサンズホテルまでは多くてもS$30(2000円ぐらい)で行く事ができます。

電車MRTを使う場合はターミナル2,3から「Train」のサインを目指しましょう。地下鉄になりますので、地下へ行くエスカレーターが目印になります。まずはチケットを買いましょう。チケット売り場には下記のような地図が見えます。
シンガポール 電車 地図

チケット売り場のスクリーンで行きたい場所(今回はマリーナベイサンズですので、Bay front)を指でタッチします。その際に必要なお金はいくらかスクリーンに表示されます。コインを入れるとチケットがでてきますので、改札に通し電車に乗りましょう。表記が英語でありますが、日本で電車を使う場合とほぼ似ています。

乗り換えの注意点

    • 1,Changi空港からまず出るとすぐにタナメラ駅(Tanah Merah)で乗り換えます。

 

    • 2,タナメラ駅(Tanah Merah)からパヤレバー駅(Paya Leber)で乗り換えます。

 

    • 3,パヤレバー駅(Paya Leber)からベイフロント駅(Bay Front)で降ります。

 

この3つです。料金も安くS$5以内で済むでしょう。実はシンガポールではデポジット機能として、チケットを購入時に1S$多く前払いしないといけません。ですが、降車駅の同じくチケットマシーンに自分のチケットを入れると1S$がまた戻ってきます。お忘れなく1S$をゲットしましょう。

◎ホテルへチェックイン

さて慣れない旅をしていると短い時間でも疲れてしまいますので、チェックインを済ませホテルで休憩しましょう。チェックイン時もまた英語が必要になります。(ツアーで組んでいるとコンダクターが済ませてくれます。)自身で予約した場合なら、

    • Hi, I have a reservation.

 

最初はこの言葉だけで大丈夫です。ホテル受付スタッフはお名前やその他の情報を聞いてきますので、お名前を伝えましょう。どのようなお部屋を予約したのかと、いつまで宿泊するかを確認として言ってきますので、YESやOKのみでも大丈夫です。受付を済ませ鍵をもらうとやっとお部屋で休憩です。夜であればこのような夜景が目の前に(部屋により異なる)

マリーナベイサンズ夜景(Marina bay sands)

マリーナベイサンズからの「夜景」。外から見るあの変わったホテルからはこのような夜景が見えます。ここで少しこのホテルについてお話します。こちらのホテルはラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発され2561室の部屋、巨大カジノが入っています。数々のブランドが入ったショッピングモールも連携され、シアター、美術館等の施設もあります。3棟からなるホテルのてっぺんには空中庭園サンズスカイパーク(Sands Skypark)があり、屋上プールで日本のアイドルSMAPがソフトバンクの携帯CMロケで使ったとして有名。外国人のカジノ入場料は無料となっていますので、中に入るだけでも楽しいので是非。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)朝日

あまり知られていないマリーナベイサンズから見える朝日。写真から見ても分かるように、東南アジアのハブとも呼ばれるにあたり海にはたくさんの貨物船が。実はこの貨物船、年末のカウントダウン時に粋な事をします。なんと年が変わった直後、一斉に汽笛を慣らします。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)インフィニティプール

やっぱりこのプールに入りたい!屋上プールこと、インフィニティプール。タワー1の57階です。入り口でセキュリティがあるので宿泊キーを提示しましょう。またここでは宿泊者に無料でバスタオルの貸し出しをしています。その際もキーを提示しましょう。貸し出し時に部屋の水着をホテルの部屋から持参して行きましょう。営業時間は午前6:00〜午後11:00までとなり、毎日入る事ができます。やはり屋上という事もあり風が少し強く感じますので、羽織るものがあれば丁度いいかと思います。

アートサイエンスミュージアム シンガポール

ホテル目の前にはアートサイエンスミュージアムもあり、定期的に展示会が行われています。入場料は平均20S$〜となっています。

マリーナベイサンズ ルイヴィトン

ミュージアムの隣にはルイヴィトン アイランドがあります。マーライオン→マリーナベイサンズホテル→ルイヴィトン アイランドとこの建物も序所にランドマーク化され、写真撮影をよく観光者の方はされています。ちなみにこの形は船舶からのインスピレーションを得てるのだそう。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)内観

ホテル内でも沢山ブランドショッピングができますよ。洋服やジュエリー等の価格帯は高いですが、カフェやフードコードはお手頃なので、見て回るだけでも楽しいです。中でも一番目に引くのがモール内に川があり、ボートでモール内を移動できます。他のお客さんとの距離が近いので少し恥ずかしいですが、お子さんは喜ぶかと思います。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)レーザービームショー

遠くからマリーナベイサンズを見てみましょう。13分間の光と水のパフォーマンス「ワンダー・フル」は、毎晩8時からと9時30分から(日曜日から木曜日まで)開催、金曜日と土曜日は、夜11時から3つ目のショーがあります。お酒を飲みながらレーザービームショーを見ると外国に来ている開放感に満ちあふれます。

◎おさらいポイント

    • 1,マリーナベイサンズホテルからの夜景、朝日

 

    • 2,外国人は入場料フリーのカジノ

 

    • 3,屋上プールことインフィニティプール

 

    • 4,アートサイエンスミュージアム

 

    • 5,ルイヴィトンアイランド

 

    • 6,モール内ショッピング

 

    • 7,13分間の光と水のパフォーマンス「ワンダー・フル」

 

とマリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)には開放感に満ちあふれたエンターテイメントがあります。決して安くないホテル料金なのでフル活用して楽しみましょう。

マリーナベイサンズオフィシャルサイト

旅行先ではコミュニケーション英語が必要となってきます。
オッケーラーでは旅行ですぐ使える英語も用意していますので、ご参考にしてください。

Pocket

関連記事