シンガポールに行ったら必ず訪れるべきシンガポールのおすすめ観光スポット


今や美しい未来都市となっているシンガポール、洗練された街並や都会的なセンスの良さに日本人にも人気の観光スポット&ビジネスエリア。

 

そんな未来都市シンガポール、どこに観光スポットがあるのか、はっきりしないと思いませんか?今回は魅力あるシンガポールの観光スポットを厳選して みました。アトラクションの要素を持ち合わせた植物園や、人気スポットのマーライオン公園、地上200mにあるプールなどシンガポールの魅力が満載の観光エリアを思う存分エンジョイして下さい。

 

【シンガポール】美しい未来都市シンガポールのおすすめ観光スポット

出典: http://s2.goodfon.ru

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

出典: http://wondertrip.jp

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、マリーナベイサンズからも程近い位置にある植物園です。

広大な敷地を持つこのガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、普通の植物園とはちがう、アトラクションのような雰囲気の植物園です。
巨大なガラスのドームの中には、高度な技術をつかって常春の花園や寒冷な高山が再現されていて、なんと人工の雲まで流れています。
もちろん、見られる植物も珍しい植物ばかりで、目を楽しませてくれます。

一番のおすすめポイントは、ベイ・サウス・ガーデンの中心部にある人工の木「スーパーツリー」。
高さ25~50メートルもあるスーパーツリーは、下から見上げるとかなり圧巻です。
 
 

チャンギ空港

出典: http://stat.ameba.jp

イギリス旅行調査会社スカイトラックスが行ったアンケートによる世界空港ランキングで、連続1位を獲得しているのが、チャンギ国際空港です。
 
世界一のこの空港はレジャー施設が大変充実しています。
マレー半島に生息する蝶と戯れることができるバタフライガーデン、屋上プールや無料の映画シアターなど、挙げたらキリがありません。
 
シンガポールに着いたらまず、チャンギ国際空港で思う存分遊ぶというのもアリかもしれません。
 
 

マーライオン公園

出典: http://ameblo.jp

マーライオン公園は、シンガポールのおなじみ観光スポットです。
最近では、世界三大がっかりにも挙げられてしまっていますが、シンガポール観光でやっぱりこちらははずせないでしょう。
 
マーライオンの背後にはシンガポールらしい美しい高層ビル群が立ち並び、マリーナ・ベイの対岸にはマリーナベイ・サンズの3つのビルが見えるなど、マーライオン公園からの眺望は、まさに思い描いたとおりのシンガポールの街並みです。
ここでかの有名なマーライオンと写真をとれば、シンガポールに来た実感が一気にわいてくるでしょう。
 
 

マリーナベイサンズ

出典: http://upload.wikimedia.org

マリーナ・ベイ・サンズホテルの屋上プールは、CMで使われたこともあってか、いまや大変有名です。
 
地上からの高さが200メートルのところにあるこちらのプールは、なんといっても眺めが最高。
プールからは、シンガポールの街並みが一望できます。
特に夜景は、言葉を失ってしまうほど美しく、シンガポールを独り占めしているようなリッチな気分になれます。
 
ただし、この屋上プールに入れるのはマリーナベイサンズホテルの宿泊者だけなので、その点注意が必要です。

 

ウィングスオブタイム

出典: http://darrensim.wpengine.netdna-cdn.com

シンガポール・セントーサ島の大人気アトラクションといえば、ソング・オブ・ザ・シー。
そのショーが2014年6月から新たにウィングオブタイムとなってパワーアップしました。
 
噴水をスクリーンにみたてて映像を映し出す、今話題のプロジェクションマッピングのナイトショーで、
映像だけでなく、音楽やレーザー、火の融合はまさに大迫力。
 
シンガポールにきたら一度は見ておきたい必見のショーです。
 
 

エスプラネード シアターズ オン ザ ベイ

出典: http://upload.wikimedia.org

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ は、シアターとコンサートホールのある複合施設です。
シンガポールの地元の人々もよく利用する施設で、その外観から「ドリアン」と呼ばれて親しまれているそうです。
 
写真でもお分かりいただけるその特徴的な屋根は、直射日光を遮断するパネルが取り付けられており、館内の冷暖房効率を上げるためだそう。
その特徴的で機能的な建物は、見るだけでも価値があります。
 
もちろん館内も観光にはぴったりで、ショッピングや食事に最適なスポットです。
 
 
記事提供:Travel Book
https://www.travelbook.co.jp/

Pocket

関連記事