2013年度 “シンガポールの祝日”


日本との祝日日数を比べると明らかにシンガポールは少ないです。
そしてシンガポールは他宗教であるため各宗教によってお正月の日程が違うところが面白いです。
各祝日には他のカルチャーを見ることも楽しいのでオススメします。

日本の祝日と異なるための注意点としては、子供が通う学校が日本人学校であれば、日本の祝日が適用されるでしょう。インター、ローカルの学校であれば日本の祝日とは異なりますので、お子様の学校選びの際は事前にチェックが必要です。

働らかれてる方も日本の企業からシンガポールへ来られている方は、日本の祝日が適用されます。ですが近年はシンガポールの祝日に合わされている企業もあるので、祝日は予め知っておくと便利だと思います。今回、2013年度の”シンガポールの祝日”ページを用意しましたので、是非ご覧になってください。

2013年度 “シンガポールの祝日”

Pocket

関連記事