自宅でも作れるバクテー。でもやっぱり海外本場ローカルグルメを堪能したい方にオススメのお店


みなさんは、海外旅行先の朝ごはんには何を食べますか?
ホテルの朝食をいただいたり、簡単にパンで済ませたり、はたまた朝食は食べない・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回ご紹介するのは、シンガポールのローカルグルメ・バクテー。
バクテーは豚肉の入ったスープですっとおなかに入れられる上に、スタミナもつく朝食にぴったりのお料理で、現地の方々の朝食メニューとしてとってもポピュラーなんです。
バクテーの食べ方からおいしいお店まで、バクテーのすべてをご紹介するので、ぜひシンガポールでの朝食はバクテーにトライしてみてくださいね♪

 

【シンガポール】朝食にぴったり!ローカルグルメ「バクテー」おすすめのお店4選

出典: http://forums.sgclub.com

 

バクテーとは?

出典: http://danielfooddiary.com

バクテー(Bak Kut Teh)とは、シンガポールやマレーシアで良く食べられている骨付き肉を煮たシンプルなお料理。スープがウーロン茶のような褐色になることから、漢字では肉骨茶と書きます。

 

バクテーは元々、シンガポールやマレーシアで働く中国人の肉体労働者の中で食べられ始めました。牛の解体後に残ったそぎ落とし切れない肉片の付いた骨を 使って安く作られ、肉体労働をする人々の栄養補給として、広く食べられるようになったのが起源です。そんな働く人たちの力になってきたバクテーは、今でも スタミナ食として夜食や朝食として人気を集めています。

 

バクテーの食べ方

出典: http://queergam.blogspot.jp

シンガポールのバクテーには、大きく分けて2種類のスープのものがあります。醤油味が少し強い黒いスープのものと、コショウの味が少し強い白いスープのもので、見た目は少し違えど、どちらも基本的な味わいは大きくは変わりません。

 

そのスープを、ご飯にかけたり、スープにご飯をいれたりしながら肉と一緒に味わうのがバクテーの一般的な食べ方。中国の揚げパン「ヤオティオ」を浸すのもおいしいので、オススメです。ちなみにスープは、なくなったらお代わりができるので、思う存分味わうことが出来ますよ♪

 

また現地の方々は、中国茶と一緒にバクテーをいただく方も多いので、ぜひローカルスタイルを真似してみてはいかがでしょうか。

亜華肉骨茶(Outram park Ya Hua Rou Gu Cha)

出典: http://sometime-somewhere.blog.so-net.ne.jp

現地の方々に大人気なのが、こちらのお店のバクテーです。

胡椒が効いたスープは、一度食べたらやみつきになるほど絶品!豚肉もとってもやわらかく、夢中になってつい何杯もおかわりしてしまいます。店員さんも、こちらがお断りしない限りどんどんスープを足してくれるので、食べ過ぎに注意してくださいね♪

こちらのお店は、いつ行ってもたくさんのお客さんで賑わっていますが、特に1時過ぎは混雑のピーク。ランチに利用したい方は、少し早めの時間がオススメです。

出典: http://ameblo.jp

 

松發肉骨茶ソンファ・バクテー(SONGFA BAK KUH TEH)

 

出典: http://gourmetkc.blogspot.jp

 
明るくて開放的なこちらのお店は、いつも地元のお客さんでいっぱい。旅行者でも気軽に入れる雰囲気なので、ローカルの雰囲気を感じたいけれどもなかなか勇 気がでない…なんて方にオススメです。地元の人たちに交じってバクテーをいただけば、気分はもうシンガポーリアンですね♪
 
こちらのお店のバクテーは、さっぱりしていながら胡椒が効いた絶品のスープが特徴です。長い時間をかけて煮込まれたスープは旨味が凝縮されていて、豚肉も口の中でホロホロくずれるほどのやわらかさ。とろける食感がもうたまりません!
 
また、こちらのスープは胡椒やニンニクが効いた濃いめのスープなので、ご飯や揚げパンとの相性が抜群。揚げパンは、スープに浸して食べるとパンにも旨味が染みて、とってもおいしいですよ♪

 

 
記事提供:Travel Book
https://www.travelbook.co.jp/

Pocket

関連記事