今年で5回目となるシンガポールアートウィークがまもなく開催


今回で5回目となる東南アジアを代表するアートの祭典。
シンガポール各地で行われます。
開催日程は1月17日〜25日までの9日間

 

シンガポールアートウィーク

 

シンガポールアートウィークとは、地元ギャラリーを始め世界中のアーティストやコレクター、アート愛好家などが参加する年に一度のイベント。
2015年のアートウィークではアートフェア始め、特別展示会、スペシャルパフォーマンス、映画の上映、アートツアーや講演会等、100以上のイベントが予定されているとの事。

 

チャイナタウンにあるプラナカン屋敷、Baba Houseではアートウィークの特別プログラムが用意。
ボートキー・プロムナードでは「Utopia Interactive Arts Festival 2015」が開催。

 

注目のマリーナベイサンズ・エキスポ&コンベンションセンターでは、1月21日〜1月25日まで、アートコレクターによるパネルディスカッションや特別エギシビションが行われる「アート・ステージ・シンガポール」が開催。

 

【場所】チャイナタウン、マリーナ・ベイ、オーチャード、ブギス、ギルマン・バラックスなどシンガポール各地

 

オフィシャルサイト
http://artweek.sg/

Pocket

関連記事